2017年10月03日

スマホのコミュニケーションアプリは信頼できるのか?

出会い系サイトに実名登録するのは抵抗がある人が多く、本名を出している人は少ないと思いますが、下の名前はそのまま使う人もさほど珍しくありません。



サイトで知り合ってやり取りをしていくうちに実際知っているような気持になり本名を教えてしまうといった気持ちもわからなくはありません。
しかし相手は顔も素性もわからないのですから、そんな相手自分の情報を教えるのは危険です。例えばフェイスブック利用者の場合、全体に公開していたり、友人をたどってだれでも見られるような設定になっていると、本名で検索することにより、特定されて個人情報が知られるリスクがあります。
出会い系でオタクが嫌われてしまうというイメージは今では違います。女性からの人気があります。


女性でもオタク的な趣味を持っている人も増えているので、交際することになったというオタクカップルも最近では少なくありません。
自分からオタクであることを伝えておいた方が、付き合いが始まった後でも不安に感じることもなくオタクを継続できます。
この間出会い系で仲良くなった相手とお会いしてみました。
アプリで知り合った相手と会うことはまったく初めてのことだったので、前日の夜は眠れないほど緊張していました。



しかしその日になると、全然心配する必要はなく、とても楽しい一日となりました。食事したお店も美味しくておしゃれな雰囲気でしたし、文面でのやりとりとはまた違い、いろいろな話題で、盛り上がって、帰るのが惜しくなるほどでした。今後もデートして仲良くしていきたいと思っていますし、出会いのきっかけとなったアプリにがあってよかったと思います。

出会いが少ない職業の上位といえば自衛官が挙げられ、出会いに特化したサイトやアプリから始まる恋が少なくないそうです。とはいえ、公務員だからといって全員が誠実であるとは限りませんから、見極めのポイントを知っておきましょう。



まだ交際するかどうかが分からない時点であってもメールのやりとりがひんぱんになる中で、自衛官でしかありえない話になったりして、自分が成長するきっかけになることもあるそうです。自衛官の宿舎で暮らしてみたい人にとって、これほど最適なツールはありませんね。


スマホのコミュニケーションアプリはいろいろありますが、なかでもLINEをダウンロードしている人が大半です。
それほどまでにラインはかなり一般的なアプリといえますね。


最初の出会いが出会い系だった相手とも、ラインでコミュニケーションできたらもっと仲良くなれるでしょう。ところが、ライン交換はあまり急だと警戒心を強めてしまいます。
聞き方を間違えると不信感が大きくなり返信が途絶えることもあります。ライン交換の話題は焦らず進めるほうがいいようです。

ツイッターを通じて、素敵な出会いがあったらと考える方もいるようですが、知らない相手だからとブロックされるケースや、人によっては通報まで行う場合があります。たまたま気の合う異性と出会い恋愛へ発展したというケースもあるようですが、大人の恋はそんな単純には進まないものです。

自分に合った相手を見つけるならTwitterでその他大勢になってしまう前に、出会い系サイトを利用するのが恋人選びには最適です。いわゆる、大手と言われる出会い系サイトでは、サイトそれ自体は安全だと言えます。
しかし、出会い系サイトを利用する上で重要になるのは利用者の質でしょう。大手サイトは登録者数が多い分、その実態は出会い目的以外で登録している利用者、例えば詐欺師や悪徳業者なども混ざっているのです。


このような状態で恋人を探すのは簡単な事ではありませんが、ゆとりを持って探すようにして下さい。出会えた相手が理想的な人であっても、相手の言うことを鵜呑みにせず、簡単に警戒心を解かない方が良いでしょう。



心を許せる仲の良い友達がいないという人は、多種多様な人と交流するチャンスのある出会い系を利用するのも一つの方法だと思います。



出会い系サイトを使えば、本来の趣旨である恋人が見つかるだけでなく、相性の良い友達まで見つかったというケースもあります。
そして出会い系サイトで友達になれたとしても、バーチャルな関係は自然消滅することも多く、恋人はできるけれど本当の友達には出会えないという人もいるでしょう。恋人ではなく純粋に友達が欲しいということであれば、違うやり方を検討してみてください。
中高年 ご近所 出会い
posted by ムタちゃん at 15:09| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: